Satellite Space

仕事に必要な情報を記録するマイナレッジ・ベース

視野検査の方法には主に2つの種類がある

視野とは目を動かさずに見える範囲のことです。

目を動かさないで見る一点を固視点または注視点といいますが、正常な人では、片目につき上方60度、下方75度、鼻側60度、耳側100度の広い視野を持っており、正常な人でも年齢やその時の体調など状態によってこの広さは変わってきます。

目の病気の中にはこの視野に大きく影響する物があり、その病気の進行状態や程度を知るのに重要な指標といえます。

この視野を調べる検査には大きく分けて2種類あります。視野の全体の広さを調べる方法動的量的視野測定法:一般にゴールドマン視野計が使われる)と、視野内の感度を検査する方法静的量的視野計測法:一般にハンフリー視野計が使われる)があります。 

動的視野検査(動的量的視野測定法

動的視野検査は、どのくらいの広さが見えるかを、指標の大きさと明るさを何段階かに変化させながら調べていきます。一定の指標を、見えないところから見えるところへと動かしていき、その指標が見え始めた位置をボタンで教えてもらいそれを検査用紙にプロットしていきます。このプロットを一定な指標同士で結ぶと曲線が得られます。指標を変えることでいくつかの曲線が得られ、これを検査用紙に描いていき視野を評価していきます。正常な視野では卵形の曲線が同心円状に並んだ図形が描かれることになります。眼に病気があったりするとこの形がゆがんだりすることがあります。

ゴールドマン視野計)

  f:id:styleken:20150131235341j:plain f:id:styleken:20150131235342j:plain

  

静的視野検査(静的量的視野計測法

静的視野検査は、一定の大きさの指標を特定の位置に固定し、動かさずにその場所で明るさを変化させて、見えた明るさを測定することで視野の視角感度を評価する検査法です。こちらの検査は病気に対するスクリーニングとしてよく使用されます。
 
(ハンフリー視野計)

  f:id:styleken:20150131235309j:plain f:id:styleken:20150131235343j:plain

  

 一台で動的・静的視野測定に対応した視野計:OCTOPUS)

    

  f:id:styleken:20150131235344j:plain